中国の為替制度改革、世界経済の回復後に再開へ-呉・元人民銀副総裁

中国人民銀行(中央銀行)の 呉暁霊・元副総裁は、中国は世界経済が金融危機から回復した後 に、より市場主導の人民元相場決定を容認するだろうと述べた。

呉・元副総裁は8日、北京で記者団に対し、為替制度の正常 化について中国は「タイミング」の問題だと考えていると語った。

「世界経済が危機後に安定すれば、中国政府はより幅広い改 革を検討するだろう」とした上で、「危機に対処するときは、ま ず目先の問題に集中するものだ」と語った。

呉・元副総裁は、為替相場は市場の需給関係に基づくと同時 に、各国における労働や資源の価格によって決まると解説。「中 国の労働力やその他さまざまな経済資源の価格が上昇し国際水 準に達した時点で、人民元相場が過小評価されているとは限らな い」と述べた。

--Belinda Cao. Editor: Nerys Avery

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 森 茂生 Shigeki Mori +1-212-617-6107 smori1@bloomberg.net Editor: Akiyo Kinoshita 記事に関する記者への問い合わせ先: Belinda Cao in Beijing at +86-10-6649-7570 or lcao4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Sandy Hendry at +852-2977-6608 or shendry@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE