香港株(終了):続伸、ハンセン6週ぶり高値-世界景気へ楽観強まる

香港株式相場は続伸。指標のハンセ ン指数は6週間余りでの最高値となった。世界景気への楽観的見方が 強まり企業業績への期待が膨らんだ。金属相場上昇も好感された。

中国の海運大手、中国遠洋運輸集団(コスコ・ホールディングス、 1919 HK)は3.6%高。親会社が世界の貿易回復を理由に通期黒字見通 しを示したことが買い材料となった。

2月の米雇用統計で非農業部門雇用者数の純減幅が予想を下回り 失業率も予想以下となったことから輸出株が買われた。米ウォルマー ト・ストアーズなどに商品を納める香港のリー・アンド・ファン(494 HK)は4.2%上げ、携帯電話端末の受託生産で世界最大手の富士康 (2038 HK)は5%高。

中国最大の石油会社、ペトロチャイナ(中国石油、857 HK)はオ ーストラリアの炭層ガス生産会社アロウ・エナジーへの買収提案を手 掛かりに2.8%高。原油高を受けて沖合石油探査の中国海洋石油(C nooc、883 HK)も2.4%上昇した。

アルミニウム生産で中国最大手の中国アルミ(チャルコ、2600HK) は4.2%高。産銅大手の江西銅業(358 HK)も3.8%上げた。6品目で 構成するロンドン金属取引所(LME)の指数は前週末5日に1.7% 高となり、ニューヨーク原油先物相場も同日、上昇した。

この日からハンセン指数に採用された中国政府系の不動産会社チ ャイナ・リソーシズランド(華潤置地、1109 HK)は1.4%高で引けた。

ハンセン指数は前週末比408.90ポイント(2%)高の21196.87 と、1月20日以来の高値で終了。ハンセン中国企業株(H株)指数は 同2.3%上げ12202.80。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE