中国人民銀副総裁:国内銀行の不良債権の比率は低下している

中国人民銀行(中央銀行)の蘇寧副 総裁は8日、国内商業銀行が抱える不良債権の比率は低下しつつあると の見解を示した。北京での記者会見で語った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 角田正美 Masami Kakuta +81-3-3201-3157 mkakuta@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE