ドバイ・ワールド:融資の期限延長を債権団に要請へ-関係者

アラブ首長国連邦(UAE)ドバイ 首長国の政府系持ち株会社ドバイ・ワールドは、再編を目指す260億 ドル(約2兆3500億円)相当の債務をめぐり、融資の返済を遅らせる ことを債権者である取引銀行に求める見込みだ。同社は月内に債務再 編案を示す見込み。事情に詳しいバンカー3人が明らかにした。

バンカー2人が匿名を条件に述べたところによれば、銀行は返済 を待てば、債務の減免は回避できる公算。また、バンカーの1人によ れば、ドバイ政府も保証を付ける見込みだという。

ドバイ・ワールドは傘下の不動産会社ナキールとリミットレスと ともに、借り入れに頼って不動産開発を進めていた。ドバイ・ワール ドは昨年11月にすべての融資について今年5月まで返済を延期する 計画を示し、新興市場株の急落を引き起こした。

UBSの中東調査責任者(ドバイ在勤)、サウド・マスド氏は、ド バイ・ワールドの提案は「実のある内容だろう。皆がそれを受け入れ て事態が進むとはとても考えにくい」と話した。

バンカーらによると、ドバイ・ワールドのアドバイザーのデロイ トと米モーリスはドバイの国有企業支援のために昨年設立されたドバ イ・ファイナンシャル・サポート・ファンドに、利払いのための資金 を要請しているという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE