中国:穀物備蓄を高水準で維持、食糧安全保障の確保へ-シノグレイン

中国儲備糧管理(シノグレイン)の 包克辛社長によると、世界最大の穀物消費国である中国は、食糧安全 保障の確保のため、穀物備蓄を高水準で維持する方針だ。大豆輸入を 増やす可能性もある。

包社長はインタビューで、中国で供給と需要の「バランスが逼迫 (ひっぱく)」していることや物流とインフラの現状を考えれば、「穀 物の手持ち在庫は1億5000万-2億トンで維持する必要がある」との 見解を示した。

包社長によると、世界最多の人口を抱える中国は年間約5億トン の穀物を消費し、政府は食糧供給の確保と価格管理のため需要の約 40%相当を備蓄している。中国の温家宝首相は先週、政府が穀物や油 糧種子、綿花、砂糖の生産拡大や穀物の最低価格の引き上げ、農産物 商品の備蓄継続を目指す方針であると述べた。

--Feiwen Rong. Editors: Richard Dobson, Jake Lloyd-Smith, James Poole

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 堀江 広美 Hiromi Horie +81-3-3201-8913

hhorie@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Feiwen Rong in Beijing at +86-10-6649-7563 or frong2@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jim Poole at +65-6212-1551 or jpoole4@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE