中国株(午前):上昇、政府の刺激策解除先送り観測で-宝山鋼鉄高い

8日午前の中国株式市場で、上海総 合指数はここ1週間で最大の上昇となっている。景気を下支えするた め中国政府が刺激策の解除を遅らせるとの観測に加え、人民元が上昇 した場合には不動産開発会社が恩恵を受けるとの見方が浮上した。

中国の製鉄最大手、宝山鋼鉄(600019 CH)は2.3%、石炭生産大 手の中国神華能源(601088 CH)は1.6%それぞれ上昇。中国人民銀行 (中央銀行)の周小川総裁が、同国は危機対策からの出口戦略では慎 重になるべきだと述べたことが材料視された。貨物海運大手のCOS COシッピング(中遠航運、600428 CH)は2.9%高。中信証券(Ci tic証券)が同社株の買い推奨を出した。保利房地産集団(600048 CH) は不動産株の上げをけん引。JPモルガン・チェースが不動産株の投 資判断を引き上げたことが好感された。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は現地時間午前11時半(日本時間午後零時半)現在、 前週末比24.93ポイント(0.8%)高の3056.00。不動産価格と融資の 伸びの抑制に向けた政策によって中国の経済成長は鈍化するとの懸念 から、同指数は今年に入って6.8%下げている。上海、深セン両証取 のA株に連動するCSI300指数は前週末比0.9%高の3288.92。

アルフレッド・ベルグで約210億ドルの運用に携わるラリー・ポ ールマン最高投資責任者(CIO)は「中国株式市場についてかなり 強気の見方を取る好機だ」と指摘。「中国株式相場の今年のパフォーマ ンスはほぼすべての新興株式市場を下回っており、かなり割安になっ ている」と語った。

-- Zhang Shidong. With assistance from Weiyi Lim from Taipei. Editors: Allen Wan, Richard Frost

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Zhang Shidong in Shanghai at +86-21-6104-7014 or szhang5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Linus Chua at +65-6212-1530 or lchua@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE