中国不動産株の「バリュエーションは妥当」-ロベコ香港のミオ氏

中国の不動産株の「バリュエーショ ン(株価評価)は極めて妥当」であり、人民元の上昇見通しを支えに 反発する可能性がある。資産運用会社ロベコ香港のシニア・ポートフ ォリオマネジャー、ビクトリア・ミオ氏がこう予想した。

ミオ氏は8日付の電子メールで、「このセクターはこれまで大幅な アンダーウエートとなっていた」と説明。「人民元の上昇期待に伴う状 況の変化で、不動産株は人民元高の恩恵を受けるとの見方が強まる可 能性がある」と指摘した。

中国の不動産株をめぐっては、UBSやクレディ・スイス・グル ープ、BOAメリルリンチ・リサーチが過去1カ月で強気に転換。ロ ベコもこれに続いた。年初からの大幅な下落で割安感が強まったこと や、信用引き締め懸念の行き過ぎを指摘している。

JPモルガン・チェースは8日、バリュエーションが「バブル的」 でないことや、当局の政策が「株価に適切に織り込まれている」こと を理由に、不動産業界の投資判断を引き上げた。

上海不動産株指数は年初からの下落率が10%と、上海総合指数 (7.5%)より大幅な値下がりとなっている。中国人民銀行が預金準備 率を引き上げたことや、政府が資産価格の上昇抑制措置を取ったこと が背景。不動産株指数の株価収益率(PER)は現在26倍と、上海総合 指数の31.7倍を下回る水準にある。

--Chua Kong Ho in Shanghai. Editors: Allen Wan, Linus Chua

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Chua Kong Ho in Shanghai at +86-21-6104-7011 or kchua6@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Linus Chua at +65-6212-1530 o lchua@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE