アジア株:上昇、米雇用統計が景気回復期待を後押し-ソニー高い

8日午前のアジア株式相場は上昇。 2月の米雇用統計の内容が市場予想よりも良かったことで原油と金属 相場が上昇したほか、世界経済は回復しているとの安心感が高まり、 MSCIアジア太平洋指数は6週間ぶり高値に上昇している。

米国での売上高が全体の約25%を占めるソニーが高い。世界最大 の鉱山会社、BHPビリトンは2.4%上昇。日本の大手鉄鋼メーカー、 JFEホールディングス傘下のJFEスチールと原料炭価格交渉で 55%の大幅値上げを勝ち取り、材料視された。豪アロウ・エナジーは 45%値上がり。同社は英・オランダ系のロイヤル・ダッチ・シェルと ペトロチャイナ(中国石油)の合弁会社から買収提案を受け取った。 韓国の電話・インターネット大手KTも3.1%高。同国の通信当局は、 マーケティングコストに上限を設定した。

MSCIアジア太平洋指数は、日本時間午前10時10分現在、前 週末比1.1%高の121.66。このまま引ければ、1月22日以来の高値と なる。欧州の財政赤字をめぐる懸念や各国の中央銀行が刺激策の解除 を始めるとの観測から、同指数は1月15日に付けた1年5カ月ぶり高 値から4%下げている。フランスのサルコジ大統領は7日、ギリシャ 政府が財政再建に苦戦した場合はユーロ圏が同国を支援する用意があ ると述べた。

-- Editor: Darren Boey

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Shani Raja in Sydney at +61-2-9777-8652 or sraja4@bloomberg.net Satoshi Kawano in Tokyo at +81-3-3201-2483 or skawano1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE