印ヒーローホンダ:第4工場を建設の公算-半年以内に決断

インドで販売される二輪車の半分を 生産するヒーローホンダは、農村市場やアフリカへの輸出を目標とす る中で、第4工場を建設する可能性がある。

マネジングディレクターのパワン・カント・ムンジャル氏(55) はニューデリーでのインタビューで、同社が新工場について半年以内 に決断を下すだろうと述べた。さらに、アフリカでの販売開始につい て提携先のホンダと年内に合意に達することを望んでいるとも語った。

同社は人口7億4000万人を超えるインド農村部で販売実績を伸 ばすため、運転免許取得案内のサービスなどを提供している。こうし たプログラムのほか、二輪車向け減税や経済成長の効果もあり、同社 の販売は過去11カ月で24%増加している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE