1月経常黒字は前年比6カ月連続増-輸出は過去最大の増額

1月の日本の経常収支の黒字額は、 前年比で6カ月連続の増加となった。輸出の回復基調が、アジア向け から欧米向けにも拡大し、貿易収支が大幅に改善。輸出、貿易収支と もに前年同月比の増加額は比較可能な1986年以降で最大となった。ま た、為替が円安方向に推移したため、所得収支の黒字の落ち込みが緩 和したことなども経常黒字拡大を後押しした。

財務省が8日発表した1月の国際収支状況(速報)によると、海 外とのモノやサービスなどの取引状況を示す経常収支は、前年の赤字 から8998億円の黒字となった。このうち貿易収支の黒字額は1972億 円と前月に続いて大幅に改善した。海外への直接投資や証券投資の収 益を示す所得収支の黒字額は、円安の影響を受けて2カ月ぶりに減少 幅が縮小、同8.1%減の9110億円だった。

昨春以降の輸出の回復は、アジア向けから米国や欧州連合(EU) 向けなどにも広がりを見せており、輸出は昨年12月から前年度比プラ スに転じた。財務省が4日発表した昨年10-12月期の法人企業統計で も、こうした状況を受け、経常利益(金融・保険業除く)が10期ぶり に増益となり、売上高も減少幅を大幅に縮小。設備投資は依然2けた 減を続けているが、景気の二番底懸念は薄れつつある。

三井住友アセットマネジメントの宅森昭吉チーフエコノミストは 統計発表後、ブルームバーグ・ニュースに対し「堅調な外需に支えら れた経済の回復が続いている」とした上で、「水準自体は低いが、中 国や米国経済の回復に支えられた輸出にけん引され、企業が先行きに 確信を持ち、設備投資を増やす動きも広まってくる。国際収支も回復 基調を保つ」との見方を示している。

貿易収支の内訳を見ると、輸出は前年同月比40.6%増の4兆6169 億円と2カ月連続の増加、輸入も4兆4197億円で15カ月ぶりに増加 したが、伸び率は同7.1%増と輸出額に及ばなかった。所得収支は海 外子会社の収益減少や債券利子の金利低下などのマイナス要因がある 一方で、為替相場が前年同月比0.8%の円安となったことで減少幅縮 小につながった。

ブルームバーグ・ニュースによるエコノミスト調査の予測中央値 は、経常収支が7839億円、貿易収支が1529億円の各黒字だった。統 計発表後の東京外国為替市場の円の対ドル相場は午前10時27分現在、 1ドル=90円44銭で推移している。発表直前は同90円60銭前後。

一方、前月比(季節調整値)では、経常黒字が31.5%増の1兆7128 億円と大幅に増加。貿易黒字も50.4%増の9943億円と拡大した。

--取材協力:藤岡徹  Editor:Norihiko Kosaka, Chiaki Mochizuki, Masaru Aoki

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 下土井京子 Kyoko Shimodoi +81-3-3201-3142 kshimodoi@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Chris Anstey +81-3-3201-7553 canstey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE