最も読まれた日本語記事(前週)-首位「日本株は急反発、円高一服」

前週(2月28日-3月6日)に最も 読まれたブルームバーグ・ニュースの日本語記事の上位10本は次の通り {JREAD}画面に基づき7日午後5時現在で集計(番号をクリックすると記 事が表示されます)。

1.日本株は急反発、日銀緩和観測や円高一服-輸出や不動産まで 2.シティグループ証券の吉野豊氏が退職、人気テクニカル分析 3.運用成績30%のヘッジファンド魔術師が顧客をゴルフ接待した理由 4.大和証G:新卒採用4割増、グローバル化視野-4年ぶり拡大 5.米ゴールドマン:「否定的な」報道は業績に悪影響、士気低下 6.日本株は5日ぶり反落、円高警戒強まり輸出売り-デフレ懸念も 7.ギリシャは島を売って借金返せ、ドイツ政治家らが要求-ビルト紙 8.日本株続伸、格上げ受け銀行買い、資源堅調-売買代金1兆円割れ 9.UBS、ボーナス減額で退職相次ぐ-会長がSF1とインタビュー 10.09年の株式資本市場、銀行と新興市場が主役-JPモルガンが1位

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE