【個別銘柄】自動車、富士通、住宅関連、電通、JT、タカラレベン

更新日時

材料銘柄の終値は以下の通り。

日産自動車(7201):前日比4.7%高の733円。世界的な需要回復 に伴い、メキシコにある同社の2工場での生産が今年、約20%増加す ると見込む。ダウ・ジョーンズ通信が、日産自広報担当者の話を基に伝 えた。また、米国の2月の雇用統計で非農業部門雇用者数が市場予想ほ ど減少せず、米景気回復期待からドル・円相場が1ドル=90円台と円 安方向に振れていることも、自動車株の支援材料。東証1部輸送用機器 指数は3.4%高で、33業種のなかで上昇率2位。

トヨタ自動車(7203):3.5%高の3515円。業績悪化で生産開始を 延期した米ミシシッピ州の新工場を、2011年6月にも稼働させると7 日付の東京新聞朝刊が報道した。このほか、中国の550店舗で約1カ月 間の販売促進活動を始めた、と6日付の日本経済新聞朝刊が報じた。

住宅エコ関連銘柄:住生活グループ(5938)が2.1%高の1784円、 積水化学工業(4204)が1.8%高の633円など。リフォーム工事で二重 サッシや断熱材が入った壁などを採用した際、改修費用の一定割合のポ イントを与える住宅版エコポイント制度の申請受付が8日から始まり、 関連企業の業績への好影響を見込む買いが先行した。

富士通(6702):2.7%安の568円。6日に前社長の野副州旦氏が 昨秋辞任した理由を訂正するとともに、野副氏を相談役から解任した。 東京証券取引所は8日、事実関係の調査に乗り出す方針を固めたと、同 日の日経テレコンが報じた。企業イメージの悪化などを嫌気した売りが 優勢。

電通(4324):6%高の2354円。6.3%高の2360円まで上げ、52 週高値を更新。2月の単体売上高は新聞やテレビ、インタラクティブメ ディア、クリエーティブ業務などが伸びて前年同月比8.8%増の1057 億円となった。前年実績を上回るのは、同社公表データによると08年 10月の0.4%増以来、1年4カ月ぶり。収益環境の好転を評価する買い が優勢。

新日本石油(5001):1.9%高の484円。東京大学発のベンチャー と組み、ミドリムシを原料にしたバイオ燃料の量産に乗り出す、と8日 付の日経新聞朝刊が報じた。5年以内に量産技術を確立する。農地がな くても原料を効率的に生産できる点に着目、「国産バイオ燃料」実現で 将来の安定調達につなげるという。

パナソニック(6752):2.8%高の1307円。立体的な映像を見られ る3次元(3D)テレビの拡販に向け、米家電量販店最大手のベスト・ バイと提携すると7日付の日経新聞朝刊が報道。3D映像を視聴できる 専用展示コーナーを今春に米主要都市の300店に設置、年内に全約 1000店に広げるという。業績拡大期待から買いが優勢。

タカラレーベン(8897):7.7%安の516円。既存株主に、新株予 約権を無償割り当てるライツ・イシューを実施すると発表した。最大 47億円を調達する。

篠崎屋(2926):20%高の1万6550円。午後急騰し、一時22%高 の1万6810円とストップ高(制限値幅いっぱいの上げ)。6月25日に 満期を迎える第2回無担保転換社債型新株予約権付社債(CB)の残存 額のすべてを買い入れ消却すると発表、財務体質の改善が期待された。

ナトコ(4627):7.2%高の534円。一時16%高の578円を付け、 08年10月31日以来、約1年4カ月ぶりの高値を更新。コスト削減に より、10年10月期の連結純利益が従来予想比77%増の4億6000万円 (前期は1億8300万円の赤字)になる見通しと発表。業績改善期待が 高まった。

バルス(2738):1.5%高の7万3200円。三菱商事と組んで中国本 土に進出する、と6日付の日経新聞朝刊が報道。5月をめどに上海市に 現地法人を設立する。資本金は1億5000万円で、バルスが3分の2、 三菱商事が残りを出資予定。

メガネトップ(7541):5.9%安の634円。消費低迷の影響で売上 高が想定を下回った上、不採算店舗の減損損失なども計上し、10年3 月期の連結最終利益は従来予想比33%減の21億6000万円の見通しに なったと発表した。収益力の低下を嫌気した売りが優勢。

三菱重工業(7011):3.6%高の350円。同社など造船・プラント 各社が、海底ガス田から採掘した天然ガスをその場で液化する洋上LN G(液化天然ガス)生産設備の受注活動を本格化させる、と6日付の日 経新聞朝刊が報道。業績拡大期待が広がった。

三井金属(5706):2%高の255円。使用済み電池からレアメタル を取り出す専用設備を14年にも稼働させる、と6日付の日経新聞朝刊 が報道。広島県竹原市の工場に約40億円を投資し、月間400トン前後 を処理できる設備を新設するという。

ゼクス(8913):1.8%高の1102円。中国の華聯久久商貿(ファー レン)とシニアハウジング事業を共同推進することで基本合意した、と 5日に発表。ゼクスが展開するシニアハウジング事業にファーレンの商 業施設を誘致するとともに、ファーレンの顧客のうち富裕層の紹介を依 頼し、事業拡大を狙う。業績貢献を見込む買いが優勢。

昭和KDE(1701):26%高の129円。同社株の48.6%を保有す るキョウデン(6881)が5日、株式公開買い付け(TOB)により完全 子会社化すると発表。TOB価格が5日終値より27%高い130円と設 定され、さや寄せする格好で上げた。キョウデン株も6.2%高の120円 と上昇。

くらコーポレーション(2695):2.2%高の28万6100円。テレビ 番組などで同社の店舗が取り上げられる機会が増え、売上高が伸びてい る。5日発表の第1四半期(09年11月-10年1月)決算で、営業利益 が前年同期比2.2倍の15億円となり、買いが優勢。

日東製網(3524):4.4%安の108円。国内景気の冷え込みによる 魚価の低迷、漁獲量の減少などから、10年4月期の連結最終利益は従 来予想比67%減の5000万円の見通しになった、と5日に発表。収益環 境の悪化を嫌気した売りが優勢。

高砂熱学工業(1969):6.7%高の730円。大和証券キャピタル・ マーケッツは5日付で、リニューアル工事を中心に今後の受注モメンタ ムが改善、業績回復を想定し、投資判断を「3(中立)」から「2(ア ウトパフォーム」に引き上げた。

ブロードメディア(4347):1.3%高の161円。米映画芸術科学ア カデミーの第82回アカデミー賞の授賞式が7日、ロサンゼルスのコダ ック・シアターで行われ、イラクに駐留する米軍の爆発物処理班を描い た「ハート・ロッカー」が作品賞を受賞。同作品のキャスリン・ビグロ ー監督が監督賞に選ばれた。ブロードメディアはポニーキャニオンと共 同で同作品を提供している。

JT(2914):3.9%高の33万6500円。クレディ・スイス証券が 8日付で、投資判断を「中立」から「アウトパフォーム」へ、目標株価 を32万円から36万円へ引き上げた。

リンテック(7966):4.2%高の1749円。大和証券キャピタル・マ ーケッツは5日、同社の投資判断を「3(中立)」から「2(アウトパ フォーム)」に引き上げた。

イオンモール(8905):4.2%高の1679円。三菱UFJ証券は5日、 投資判断を「3(市場平均並み)」から「2(アウトパフォーム)」に 引き上げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE