貸出債権流動化:10-12月件数が過去最低、ピークの8割減-日経

銀行が保有する貸出債権の流動化件 数が2009年10-12月に176件となり、調査を開始した03年以来で過去 最低になったことが全国銀行協会の調べで分かった、と6日付の日本経 済新聞朝刊は報じた。ピークだった03年7-9月の970件から8割減っ た。企業の資金需要の減少を背景に、大手行が債権を流動化せずに保有 し続ける例が増えたという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE