オバマ大統領の予算案、今後10年の財政赤字を過小評価-CBO

オバマ米大統領の予算案を実施に移 すと向こう10年にわたり毎年、財政赤字が公表された予想値を上回り、 赤字幅は10年間の合計で政府予想よりも1兆2000億ドル(約108兆 円)拡大する見通しだ。米議会予算局(CBO)が5日、政府予算案の 年次分析の中で試算を示した。

CBOはオバマ大統領の予算案を基にすると、財政赤字の対国内総 生産(GDP)比は今後2020年まで4%を下回ることはないと予測。 累積赤字は合計9兆7600億ドルに達し、公的債務は20年までにGD Pの90%に上るとの見通しを示した。また、連邦政府の債務は20兆3000 億ドルに拡大すると予想した。

一連の試算はオバマ政権が先月示した見通しをいずれも上回る。オ バマ政権は財政赤字が対GDP比で最低3.6%に縮小され、今後10年 の赤字の合計は8兆5000億ドルと予測。20年の公的債務はGDPの 77%に達するとしていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE