ギリシャ財政問題は投機抑制の必要示す、デリバティブ規制へ-独首相

ドイツのメルケル首相は、ギリシャ が金融支援を必要としないと述べ、今後は財政赤字を抱える国を食い物 にした市場の「投機」を阻止するためデリバティブ(金融派生商品)利 用の規制に焦点を移す考えを示した。

メルケル首相は5日ベルリンで開いたギリシャのパパンドレウ首相 との共同記者会見で、「クレジット・デフォルト・スワップ(CDS) は、隣人の家に保険をかけながら、それを破壊して金もうけするような ものだ。われわれが規制しなければならないのはまさにこれだ」と指摘 した。

同首相は、ギリシャ救済の問題は「全く生じていない」との認 識を示し、48億ユーロ(約5900億円)規模の緊縮財政政策を取りま とめたギリシャ政府の「多大な努力」を評価。この措置により、支援は 不要になると楽観していると語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE