NY原油(5日):上昇、予想下回る米雇用減で買い-81.50ドル

ニューヨーク原油相場は上昇。 2月の米非農業部門雇用者数の純減幅が予想を下回ったことが手 掛かり。

原油は一時2.3%高。米労働省が発表した2月の雇用統計によ ると、非農業部門雇用者数は前月比3万6000人減少した。エコノ ミストの予想中央値は前月比6万8000人減少だった。米エネルギ ー省エネルギー情報局(EIA)が3日に発表したリポートによる と、過去4週間平均の米国の燃料使用量は1930万バレルと、前年 同期から3%増加した。

MFグローバル(ニューヨーク)のエネルギー担当バイスプレ ジデント、マイク・フィッツパトリック氏は「雇用統計の内容は予 想と比べればずっと良かった。市場の反応がそれほどでなかったの が意外だ」と語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物4月限は前 日比1.29ドル(1.61%)高の1バレル=81.50ドルで終了。一 時は82.07ドルと、1月12日以来の高値を付けた。週間ベースで は2.3%上昇。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE