NY銅(5日):反発、米雇用統計で需要減懸念が緩和-終値3.4175ドル

ニューヨーク銅先物相場は反発。米 雇用統計を受け、景気回復の勢いや原材料需要が弱まるとの懸念が緩和 し、買いが優勢になった。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先 物5月限は前日比4.2セント(1.2%)高の1ポンド=3.4175ドルで終 えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE