レノボの楊CEO:人民元の若干の上昇は「悪いことではない」

パソコンメーカー大手、中国の レノボ・グループ(聯想集団)の楊元慶最高経営責任者(CEO) は人民元の「少しばかり」の上昇は、国内購買力の上昇につながる ため悪いことではないとの見解を示した。北京で開催された中国人 民政治協商会議で同CEOは、「人民元建ての取引を増やすことが できれば、輸出企業に対する懸念も弱まるかもしれない」と述べた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 名子 知子 Tomoko Nago-Kern +1-212-617-2407 tnagokern@bloomberg.net

Editor:Tsuneo Yamahiro 記事に関する記者への問い合わせ先: Jun Luo in Shanghai at +86-21-6104-7021 or jluo6@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Joost Akkermans at +852-2977-6486 or jakkermans@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE