ロシア、ルーブル廃しカザフ・ベラルーシとの共通通貨も-第1副首相

ロシアは通貨ルーブルを廃止し、旧 ソ連のベラルーシ、カザフスタンとの共通通貨創設に動く可能性があ る。シュワロフ第1副首相が5日、その可能性を排除しないと語った。 3カ国は協力を拡大し、ドル依存低下を目指している。

同第1副首相はモスクワでの会議で、「将来的にこれらの国との共 通通貨同盟に移行する可能性を排除しない」と述べた。そのような地 域連合は欧州連合(EU)をモデルにしたものになると説明した。新 通貨に関する協議はまだ行われていないと付け加えた。

今年1月1日にはロシアとベラルーシ、カザフスタンの間で関税 同盟が発効。3カ国は2012年までに単一経済圏を創設することを計 画している。シュワロフ第1副首相は、統一通貨創設は経済統合の「次 の一歩として論理的なものだ」と述べた。

ロシアは貿易での地域通貨の利用促進や外貨準備の多様化によっ て、ドルへの一極集中がもたらすリスクの軽減を図っている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE