国際捕鯨委員会の小作業部会、6月の合意目指し協議継続へ-水産庁

米国フロリダ州で2日から3日間に わたって開かれた国際捕鯨委員会(IWC)の小委員会は5日、今後 の捕鯨を認めるかどうかについて協議を行い、引き続き協議すること で合意した。6月の年次会合で包括的合意を目指す。水産庁が5日発 表した。

作業部会には、オーストラリアやニュージーランドなど27カ国が 参加。日本は南極海調査捕鯨での米反捕鯨団体「シーシェパード」に よる妨害について取り上げ、「包括的合意には妨害活動の解決が不可欠 だ」と訴えたという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE