中国株(終了):反発、自動車や証券株に買い-指数先物への期待など

中国株式相場は反発。指数先物取 引が来月始まるとの見通しや同国自動車メーカー、一汽轎車の増益決 算を受けて証券株や自動車株が値上がりした。

中国での乗用車生産でドイツのフォルクスワーゲン(VW)と提 携する一汽轎車(000800 CH)は5.2%高。2009年通期の純利益が 50%増となったことが好感された。上場証券として中国最大手の中 信証券(Citic証券、600030 CH)は1.8%高。株価指数先物取 引と信用取引が4月半ばに開始されると上海証券報が報じたことが手 掛かり。2位の海通証券(600837 CH)は1.6%高。華泰証券 (601688 CH)は6.9%高で、2月26日の取引初日以来で最大の上 昇率となった。

一方で、不動産開発の金地集団(600383 CH)は1.1%安。温家 宝首相は全国人民代表大会(全人代、国会に相当)冒頭の演説で、不 動産の投機的取引を取り締まる方針を表明した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動す る上海総合指数は前日比7.69ポイント(0.3%)高の3031.07で終了。 上海、深セン両証取のA株に連動するCSI300指数は同0.3%高の

3259.76。

上海坤陽投資管理のファンドマネジャー、戴明氏は「自動車株は 割安な上、今年もまだ増益を達成するとみられるので、反発は当然 だ」と述べた。また、「政府が引き締めを緩和する兆候はまだ見られ ないようだ。これが市場の重しとなり、相場の反発を限定的にするだ ろう」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE