ギリシャの新発債:英独から大量注文-銀行の手数料は高め

ギリシャが4日発行した10年物国 債は、ドイツと英国の投資家が合わせて発行高の3分の1強を購入し た。また、発行にかかわった銀行の手数料率は1月の5年債に比べ高 めだった。

幹事の1社、英銀HSBCホールディングスによると、ギリシャ の投資家は23%を購入。アジアの投資家も8%を購入したという。

また、ギリシャ当局のウェブサイトによると、幹事を務めた銀行 に支払う手数料の率は0.20%で、1月の5年債発行の際の0.15%に 比べ上昇した。

HSBCによると、投資家の種類別では資産運用会社が39%、銀 行と保険・年金業界の比率がそれぞれ24.5%。中央銀行と公的機 関にも7%が割り当てられた。

ギリシャの公債管理責任者、ペトロス・クリストドゥル氏によれ ば、表面利率6.25%、2020年6月償還の10年債には50億ユーロ(約 6100億円)の発行高に対して3倍以上の160億ユーロ超の注文があ った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE