カナダ6大銀CEOの昇給率は10%-RBCなどはゴールドマン上回る

カナダの6大銀行は、昨年の最高経 営責任者(CEO)の昇給率が平均10%に上った。カナダの銀行は米 銀の経営に悪影響を及ぼした資産評価損や政府支援を回避できた。

6大銀の昇給率首位は、カナダ3位の銀行であるノバスコシア銀 行のリチャード・ワウCEOで29%。4位のモントリオール銀行のウ ィリアム・ダウンCEOが25%で続いた。

報酬額首位は、最大手ロイヤル・バンク・オブ・カナダ(RBC) のゴードン・ニクソンCEOと、2位のトロント・ドミニオン銀行の エドムンド・クラークCEO。ともに約1040万カナダ・ドル(約9億 円)に達し、米ゴールドマン・サックス・グループのロイド・ブラン クフェイン会長兼CEOの給与・ボーナス(960万米ドル=約8億6000 万円)を上回った。

カナダの銀行は昨年、大恐慌以降最悪の金融危機に見舞われる中 で黒字を確保した。上場8行の株価が上昇。債務関連の償却をおおむ ね免れた。世界経済フォーラム(WEF)が2年連続で「世界で最も 健全」と評価したカナダの金融システムは、政府による援助を一切必 要としてこなかった。

ノバスコシア銀のワウCEOに与えられた2009年の給与・ボーナ ス・株式関連報酬は970万カナダ・ドル。モントリオール銀のダウン CEOの報酬は745万カナダ・ドルに増加。カナダ5位の銀行、カナ ディアン・インペリアル・バンク・オブ・コマース(CIBC)のジ ェラルド・マッコーイCEOは620万カナダ・ドルと、08年に比べ24% 増加。トロント・ドミニオン銀のクラークCEOは5.5%減、RBC のニクソンCEOは19%増だった。

6位のナショナル・バンク・オブ・カナダは4日、目標を上回る 収益を達成したルイス・バションCEOの報酬を560万カナダ・ドル に18%増額したと発表。同行の昨年の株価上昇率は92%と、カナダの 銀行でトップだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE