米設備投資見通しは、製造業受注が示すほど悪くない-JPモルガン

JPモルガン・チェースのエコノ ミスト、マイケル・フェロリ氏は、タービン需要の季節的なばらつ きを理由に、米企業の設備投資の見通しが1月の米製造業受注額が 示すほど「悲惨な」ものではないとの見方を明らかにした。

米商務省が4日発表した1月の製造業受注額では、航空機を除 く非国防資本財受注は前月比4.1%減少し、国内総生産(GDP) の算出に 使用される同項目の出荷は1.7%減った。発電に用いられ る高価な機械であるタービンは、両項目において最大のウエートを 占めた。

フェロリ氏はインタビューで「タービンが原因だ」と指摘。「こ の要因をならすと、昨年12月の製造業受注額は数字が示すほど堅調 ではなかったが、1月も見た目ほど悲惨な内容ではなかっただろう」 と語った。

国勢調査局のエコノミストで、製造業受注額の集計に携わるク リス・サベッジ氏は、タービンと発電機の受注が製造業受注額の中 で「最も変動が大きい」理由はこれらの全体的な受注規模から説明 され、季節的変動の調整が難しいことも明らかだと指摘する。

タービン1基の値段は何百万ドルにも上り、企業は年末の取引 成立を目指すため、12月はタービンの受注額が大きく伸びる一方、 1月は落ち込むとサベッジ氏は説明した。政府統計によると、1月 のタービンと発電機の受注額は過去10年間のうち8回減少してお り、いずれも出荷の減少を伴っている。

-- With assistance from Connie Guglielmo in San Francisco. Editors: Carlos Torres, Vince Golle

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net  Editor:Eiji Toshi 記事に関する記者への問い合わせ先: Courtney Schlisserman in Washington at +1-202-624-1943 or cschlisserma@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Christopher Wellisz at +1-202-624-1862 or cwellisz@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE