【テクニカル分析】北海ブレント原油、90ドル超に上昇へ

英スタンダード・チャータード 銀行のテクニカル分析によると、2008年の高値からの下落の半値を 戻した北海ブレント原油は1バレル当たり90ドル超に上昇する見通 し。

スタンダード・チャータードはリポートで、ブレント油の中期 的な見通しについて、2月初めの50週移動平均線を上回っているこ とから「ポジティブ」とした。

ブレント油はまず、昨年6月以降の価格チャンネルの上限であ る85.85ドルに上昇し、さらに90ドルに向かうという。この水準は 08年7月11日に付けた過去最高値147.50ドルからの下落に対し 50%戻した水準。

スタンダード・チャータードのアナリスト、ダン・スミス氏 (ロンドン在勤)は3日付リポートで、「上昇トレンドがしっかり しており、今後1カ月間、上値を追う」と予想した。

ブレント油は昨年、71%上昇した。08年12月24日には36.20 ドルの安値まで下落した。

スタンダード・チャータードによると、1月11日に付けた1年 3カ月ぶりの高値水準である「82.45ドルに向けた圧力に短期的な 焦点は当てるべきだ」という。この目標が達成できれば「上昇チャ ンネル」の上限に当たる85.85ドル、中期的には91.85ドルまで上 昇する見通し。

ブレント油は既にフィボナッチ数列の38.2%リトレースメント (戻り)を超えている。同銀は「チャンネルを単に伸ばすと、85.85 ドルを超えれば100ドルが目標となり、注視が必要だ」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE