LCDパネル供給、台湾の地震による影響の可能性-BOAのリー氏

バンク・オブ・アメリカ(BOA) メリルリンチのアナリスト、フランク・リー氏は、台湾で発生した地 震により液晶表示装置(LCD)パネル供給に影響が出る可能性があ るとの見方を明らかにした。

リー氏は4日付の顧客向けリポートで地震発生から初期段階の情 報を引用し、震源地に近い同国の大手LCDメーカー奇美電子では生 産施設のほぼ全部が影響を受けたが、正確な被害の規模ははっきりし ないと指摘。第2、第3の両四半期に「LCDのサプライチェーン全 般に、かなり大規模な影響が出る可能性もある」と述べた。

リー氏によると、奇美電子の世界のテレビ向けLCD市場におけ るシェアは18-20%。生産の混乱が回復するには1-2カ月かかると している。

奇美電子の広報担当者、エディー・チェン氏は4日、電話取材に 対し、「当社の大半の生産ラインは再開された」と説明。一部のライ ンはまだ調整が必要で、工場内の片づけも必要だと語った。

奇美電子と今月合併する予定の群創光電の広報担当、ジミー・チ ウ氏は、同社では地震による深刻な影響はないと語った。

-- With assistance from Chinmei Sung in Taipei and Pavel Alpeyev in Tokyo. Editors: Suresh Seshadri, Young-Sam Cho

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Tim Culpan in Taipei at +886-2-7719-1541 or tculpan1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Young-Sam Cho at +81-3-3201-3882 or ycho2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE