大成ラミク株5カ月ぶり高値、7期ぶりに経常最高益と報道-原材料安

大成ラミックの株価が反発。前日比

3.2%高の2230円まで上げ、2009年10月16日以来の高値を更新した。 原材料価格が想定を下回るなどで、今期(10年3月期)の単独経常利 益が会社予想を上回ると一部で報じられ、業績期待から買いが優勢だ。

5日付の日本経済新聞朝刊によると、ナフサなど原材料価格が想定 を下回るほか、販路拡大も寄与し、今期の単独経常利益は前期比40% 増の18億円前後になる見通し。従来予想(6%増の13億円)から増益 幅が拡大し、7期ぶりの最高益となるという。会社側は日経報道に対し て「報道機関の予測によるものであり、正式に発表したものではない」 とのコメントを発表した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE