キリンHD株が反発、三宅次期社長が東南アジア強化の方針

キリンホールディングス株が反発。 東南アジア強化のため株式の約48%を保有するフィリピンビール最大 手、サンミゲルビールの株式を買い増す可能性がある。今月末就任予定 の三宅占二次期社長が4日、ブルームバーグ・ニュースのインタビュー で語った。株価は一時前日比25円(2%)高の1275円まで上昇。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE