エスクリの初値は1001円、公募価格比54%高-披露宴企画

挙式・披露宴の企画・運営を行うエ スクリが5日、東京証券取引所マザーズに新規上場し、公募価格650円 を54%上回る1001円で初値が付いた。結婚費用は近年増加傾向にあり 収益環境は良好、今後の業績拡大を期待して買いが膨らんだようだ。

カブドットコム証券の山田勉マーケットアナリストは「結婚や披露 宴の市場規模の急拡大は難しく、どれだけサービスを充実させられるか が重要だ」と述べ、顧客の要望に的確に応えられる企業が勝ち残ると分 析。サービス充実に力点を置くエスクリの成長に期待を示す。

エスクリは東京や名古屋などで結婚式場や披露宴、ホテル施設を運 営する。施設の貸し切り感や、結婚式・披露宴の独自性の演出に力を入 れ、衣装や装花、引出物、料理などトータルなサービスを手掛ける。挙 式・披露宴の予約が少ない平日を中心に、法人顧客を対象とした忘年会 や新年会、セミナーの受注にも力を入れる。

結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)が昨年10月に公表した、 結婚トレンド調査2009によると、首都圏の挙式、披露宴・披露パーテ ィー総額の平均は346万円。前回調査(08年)と比べ19万円増え、02 年以降増加傾向にある。「来賓客をもてなすため、飲食などの費用が増 えている」と、ゼクシィ首都圏版の開大輔編集長は分析する。

全国を対象とした披露宴・披露パーティーの実施会場の内訳は、 「ハウスウエディング」が21.7%と、05年の14.2%から一貫して上昇 傾向にある。一方、結婚式場は27.4%(05年27%)、レストランが

8.5%(同8.7%)と横ばい。コスモ証券・投資情報部の小川浩一郎担 当課長は「ハウスウエディングは人気が高まっており、エスクリにも成 長余地がある」と語る。

今期(10年3月期)の単体営業利益計画は4億1300万円で、前期 実績の1億8300万円から急増する見通し。1株当たり純利益は65円 71銭を見込む。上場に際して66万株の公募と14万株の売り出しを行 った。主幹事はSBI証券。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE