JPモルガンもカンガルー債で800億円-米金融大手でリーマン後初

米銀JPモルガン・チェースは、オ ーストラリアでカンガルー債(非居住者が豪州で発行する豪ドル建て 債券)を発行し、10億豪ドル(約800億円)を調達した。米大手金融 機関によるカンガルー債発行は、2008年の米リーマン・ブラザーズ・ ホールディングスの破たん以後では初めて。

事情に詳しい関係者によると、JPモルガンは5年物の確定利付 債(表面利率6.75%)7億豪ドル、変動利付債3億豪ドル相当を発行 した。いずれの利回りもベンチマークのスワップレートに130ベーシ スポイント(bp、1bp=0.01%)上乗せした水準に設定された。

豪コモンウェルス銀行の証券組成担当シニアマネジャー、パトリ ック・ブライアント氏はシドニーで電話取材に応じ、「米金融機関の財 務状況は完全とは言えないが以前よりも良くなっており、投資家の安 心感が再び高まっている」と語った。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチのコーポレート・ マスター・インデックスによれば、投資適格級の米社債利回りは

4.558%に低下した。先月26日には年初来で最低の4.52%を付けた。 1年前は8%だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE