新興市場株:5営業日ぶり下落-世界経済の回復鈍化を懸念

4日の新興市場株は5営業日ぶりに 反落した。世界経済の回復が鈍化する恐れがあるとの懸念に加え、商 品相場の下げが嫌気された。

MSCI新興市場指数はニューヨーク時間午後5時(日本時間5 日午前7時)現在、前日比0.5%安。前日までの4営業日続伸は、1 月6日以降で最も長い上昇局面だった。上海総合指数は2.4%安。銀 行融資の伸びが鈍化する恐れや、インフレが加速する中で政策金利が 引き上げられるとの懸念から、世界の株価指数の中で最大の下げとな った。

モルガン・スタンレー・アジアのスティーブン・ローチ会長は香 港でインタビューに応じ、「中国経済の2つの主要なけん引役である輸 出と投資はすでに最大のダイナミズムに到達した」と語った。

ニューヨーク商品市場では銅先物が1.7%安、原油先物は0.8%下 げた。ロンドン金属取引所(LME)の亜鉛3カ月物は2.6%下落し た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE