ECBのウェーバー氏:市場動向が出口戦略の判断に影響へ

欧州中央銀行(ECB)政策委員会 メンバー、ドイツ連邦銀行のウェーバー総裁は、景気刺激策のさらな る解除を進める上で、市場動向がECBの判断に影響を及ぼすとの考 えを示した。

ウェーバー総裁は4日、フランクフルトでARDテレビのインタ ビューに応じ、「タイミングは景気と金融市場の回復に大きく左右され るだろう」と指摘。「ECBの将来の決定は、市場動向と長期的な見通 しに大いに依存する」と語った。

ECB定例政策委はこの日、主要政策金利を過去最低の1%に据 え置くことを決めた

ウェーバー総裁は「欧州の景気回復は年末に向けて難しい局面に 入ったとみている。われれれは以前からずっと回復は浮き沈みを伴い、 その勢いは弱いと予測してきた」と述べ、「欧州経済は現時点でなお金 融政策による景気刺激を必要としている。主要政策金利の据え置きを 決めたのはそのためだ」と説明した。

同総裁はまた、ギリシャ政府が財政赤字削減のために今週発表し た「新たな追加措置」をECBとして歓迎するとした上で、ギリシャ が4日起債した10年債に対する市場の反応は「前向き」だったと指摘 した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE