加トロント・ドミニオン銀:11-1月期は2年ぶり増益(Update1)

カナダ2位の銀行、トロント・ド ミニオン銀行の2009年11月-10年1月(第1四半期)決算は、 2年ぶりの増益となった。国内のリテール(小口)銀行部門の預金と 不動産融資の伸びが寄与した。

4日の発表によると、純利益は13億カナダ・ドル(1株当たり

1.44ドル)と、前年同期の6億5300万カナダ・ドル(同75セン ト)からほぼ倍増した。収入は前年同期比21%増の50億4000万 カナダ・ドルと、過去最高を記録した。

一部項目を除くベースの1株当たり利益は1.60カナダ・ドルと なり、ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト12人の予想 平均である1.34カナダ・ドルを上回った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE