野田財務副大臣:フィリップ・モリスのたばこ20円引き上げ(Update2

野田佳彦財務副大臣は4日夕の定 例記者会見で、フィリップ・モリス・ジャパン(PMJ)の全銘柄73 品目をたばこ事業法に基づいて6月1日から1箱20円の値上げを認 可したことを明らかにした。同社は今月2日に「コスト要因」を理由 に小売価格引き上げを申請していた。

野田氏は認可の理由について「消費者に大きな損害を与える値上 げ幅ではない」としたほか、「売上本数の減少に伴う販売促進活動や 成人識別自動販売機の維持コストなどを理由に経営上、小売価格を上 げざるを得ないとの要請だったため認めた」と説明した。

これに伴い、「ラーク」は現行の1箱300円から320円、「マー ルボロ」は同320円から340円に値上げされる。同社のたばこの小売 価格引き上げは2007年10月以来。このほか、ブリティッシュ・アメ リカン・タバコ・ジャパン(BATJ)も同省に対し、「ケント」な ど全銘柄50品目の1箱20円の値上げを申請している。

同省は今年10月に予定される1箱70円(1本3.5円)のたばこ 税増税に伴い、各社から価格見直しの申請を受ける。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE