NY原油時間外:下落、80ドル台-ギリシャ支援懸念でドル高

ニューヨーク原油先物相場はアジア 時間4日の時間外取引で下落。欧州の経済危機緩和に向けた金融支援 を、ギリシャが他の欧州諸国から受けられないとの懸念が広がる中、 より安全な資産への需要の高まりを背景にドルが上昇した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物4月限は一時、 前日比66セント(0.8%)安の1バレル=80.21ドルを付けた。シン ガポール時間午後3時28分(日本時間同4時28分)現在は80.44ド ルで推移している。前日の通常取引は1.19ドル(1.5%)高の80.87 ドルで引けた。終値としては1月11日以来の高値。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE