野田氏:ギリシャ財政危機、影響受けぬよう市場と対話

野田佳彦財務副大臣は4日夕の定 例会見で、ギリシャの財政危機を受け、日本の財政赤字に注目が集ま っていることに対し、影響を受けないよう実情を内外に説明し、市場 と対話していくことが必要だとの認識を示した。

野田氏は、日本がギリシャと事情が違うことは投資家も分かって いるとしながらも、「対GDP(国内総生産)比の債務残高は日本の 方がはるかに悪いということも事実だ」と指摘。「その影響を受けな いように市場の動きを注視しながら日本の実情をしっかりと内外に説 明し、市場との対話をしていくことが第一だ」と述べた。

一方、野田氏は、フィリップ・モリス社の全銘柄73品目について、 たばこ事業法に基づいて6月1日から1箱20円の値上げを認可した ことを明らかにした。同社製品の小売価格引き上げは、2007年10月 以来。野田氏は、今年10月に予定されているたばこ税増税にはかかわ りなく、「コスト要因によるもの」と説明している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE