古川副大臣:政府と日銀はそれぞれ政策打つことが基本(Update1)

古川元久内閣府副大臣は4日午後 の 定例会見で、政府と日銀は一刻も早くデフレを脱却することで共通 の認識を持っているとした上で、「共通の認識を実現するためにそれぞ れの立場と責任の下で、どういう政策があるかを考えて行動すること が基本だ」と述べた。長期国債買い入れ増額についての質問に答えた。

古川副大臣はまた、財政再建策が策定されないまま日銀が国債買 い入れを増額した場合、金利上昇のリスクがあるのではとの見方に対 して、「今の国債の発行状況から考えれば、誰がどういう形で保有し ているかについては常に慎重に注意深く見守っていかなければならな い」と指摘した。

さらに「保有状況が変わることで、市場が反応するような状況が 起こらないように、慎重な注意をしていくことが大事だ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE