キヤノン:蘭オセTOB71%で成立-19日まで追加買い付け

オフィス機器世界最大手のキヤノン は4日、オランダの業務用プリンターメーカー、オセに対する株式公開 買い付け(TOB)が成立したと発表した。TOBに伴い、発行済み株 式の保有比率は28.3%から71.3%に上昇するとしている。

TOBは1月29日から3月1日に実施。キヤノンはTOBについて 保有総数が買い付け予定の下限である85%に届かなければ、不成立とす る権利を持っていた。しかし、プリンター分野強化のため、応募した全 普通株を買い付ける。オセを子会社化する決議も、同時に発表した。

また、オランダの法規に基づき5日から19日に、TOBと同額の 1株あたり8.6ユーロで追加の公開買い付けを行う。キヤノン広報の花 田一成氏によると、追加買い付けはTOB成立を受け株式売却を希望す る投資家などのニーズに応じるため。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE