英シュローダーの09年通期:24%増益-コストが低下

1804年設立の資産運用会社、英シ ュローダーの2009年通期決算は、前年比24%増益となった。コスト 低下が寄与した。

同社の4日の発表によると、純利益は9540万ポンドと、前年の 7670万ポンドから増えた。ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナ リスト5人の予想中央値では、9900万ポンドの利益が見込まれていた。

投資損失や人員削減に絡む特別費用は6270万ポンドと、前年の1 億6740万ポンドから63%減少した。

同社は発表資料で、「先進国の多くがまだ経済・金融面で困難に直 面していることから、金融市場は底固めが続く公算が大きい」ものの、 「10年は機関投資家や仲介業者からの高水準の資金流入で良い滑り 出しとなった。一段の成長機会を見込んでいる」と説明した。

昨年の資金純流入額は150億ポンドと過去最高だった。前年は96 億ポンドの純流出。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE