蘭アホルド:10-12月減益-28%増配と自社株買い計画

オランダの小売りロイヤル・アホ ルドの2009年10-12月(第4四半期)決算は、前年同期比で減益 となった。一方で同社は28%の増配と自社株買い計画を明らかにし た。

同社の4日の発表資料によれば、純利益は2億6700万ユーロ (約322億円)と、前年同期の2億9100万ユーロから減少。ただ、 ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト予想平均の2億 4400万ユーロは上回った。

アホルドは09年の配当を0.23ユーロと、前年の0.18ユーロ から引き上げる計画を示した。市場予想は0.219ユーロだった。ま た5億ユーロ規模の自社株買いを通じて株主還元を行うことも発表 した。

ジョン・リシュトン最高経営責任者(CEO)は発表資料で、 自社株買いと増配は「われわれの戦略と現金を生み出す能力、強力 なバランスシートに対する自信」を反映したものだと説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE