IHI:原子力部門が予想超の伸び、今期売上高500億円に

重工メーカー国内2位のIHIは、 原子力部門の今期(2010年3月期)売上高が予想以上に伸びている。国 内電力会社の原発耐震補強工事が拡大しているのが背景。原子力部門を 含むエネルギープラント事業も予定通り今期に黒字転換する見通しだ。

橋本伊智郎常務が4日のインタビューで明らかにした。原子力部門 の今期売上高は現時点で500億円に達する見通し。前期(2009年3月期) 実績の14%増に当たり、従来計画(450億円)も11%上回る。原子力用 途以外の製品売り上げが減る来期も、米ウエスチングハウス(WH)向 け売り上げが本格化して500億円の売上高を確保する。

エネルギー・プラント事業はIHIの主力で、今期営業損益は210 億円の黒字(前期は62億円赤字)の見通し。橋本常務はこの見立てが 計画通りだと述べた上で、原子力を最も伸びる事業と有望視した。米国 ではジョージア州に建設予定の原子力発電所にオバマ大統領が政府融資 保証を表明するなど、原発建設再開の機運が高い。

世界的な原発建設需要拡大を見込んでIHIは、原子力部門の売上 高を2016年度までに800億円に引き上げる方針だ。東芝に納入する沸 騰水型原子炉(BWR)製品に加え、WH用の加圧水型原子炉(PWR) にも積極的に取り組む。PWR用蒸気発生器生産に向けて来期には40 億円を投資して横浜の工場に「クリーンルーム」などを建設する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE