日本政府:現行計画断念を米に伝達、普天間移設で-共同通信

日本政府が米軍普天間飛行場(沖縄 県宜野湾市)移設問題に関し、2006年に日米両国が合意したキャンプ・ シュワブ沿岸部(名護市辺野古)への現行移設計画履行を断念する方 針を米側に伝達したと共同通信が4日、報じた。

日本政府は同時に、これまでのキャンプ・シュワブ陸上部に加え、 米軍ホワイトビーチ(同県うるま市)から沖合の津堅島の間を埋め立て る案について本格的な検討に着手したという。複数の日米外交筋の話を もとに伝えた。

報道によると、平野博文官房長官、北沢俊美防衛相が今月2日、ル ース駐日米大使と都内のホテルで会談し「現行計画は困難な情勢になっ た」「別により良い案を検討している」と伝え、ルース氏は「現行計画 の修正で対応できないか」と求める一方、週末に米本国へ戻りホワイト ハウスや国防総省、国務省と協議の上で回答するとした。米側は移設先 の変更になお強い難色を示しており、5月までの決着は予断を許さない と共同通信は伝えている。

報道によると、日本政府はキャンプ・シュワブ陸上に約500メート ルのヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)か、1500メートル超の滑走路 を造る案を軸に調整。これに、ホワイトビーチと津堅島の間を埋め立て 造成する案を加え、実現可能性を探るという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE