米シティグループ:商品ビジネスを拡大へ-3年間で約100人増員

米銀シティグループは今後3年で 商品事業を拡大し、約4割を増員する計画だ。

シティの広報担当者、ダニエル・ロメロアプシロス氏は電子メ ールで、235人体制の商品部門で約100人増員する方針を示し、エ ネルギー取引子会社フィブロを昨年売却したことで資源ビジネスを 拡大することが可能なったと説明した。商品部門の新しいトップで あるステュアート・ステーリー氏が拡大策を主導する。

ウォール街の金融機関は、アジアや中南米の経済成長に伴う商 品需要の高まりを受けて、収益機会をつかむための態勢を整えつつ ある。JPモルガン・チェースはエネルギー・金属取引ビジネス拡 大を目指し、RBSセンプラ・コモディティーズの一部部門を現金 17億ドル(約1500億円)で買収することに先月合意した。

ロメロアプシロス氏によると、フィブロ保有時に2つの商品ビ ジネスを運営していたシティは今後、原油と金属で最も積極的に事 業拡大を目指す方針だという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE