野田日銀委員:低金利で債務増を長期間続けられる保証ない

日本銀行の野田忠男審議委員は4 日午前、大津市内で講演し、「わが国の長期金利は1%前半で安定的 に推移しているが、こうした水準を維持しながら、債務を増加させる ことを長期にわたって続けられる保証はない」と述べ、政府に対して 財政規律を確保することが重要だと訴えた。

野田委員は「財政バランスの悪化が長期金利を上昇させ、金融政 策の効果を減衰させるリスクにも市場の意識が高まっている」と指摘。 「事実、ユーロ圏加盟国の中で最も深刻な財政問題を抱えるギリシャ では長期金利が上昇した。財政の持続可能性への信頼がひとたび失わ れると、市場の評価が急落するリスクを如実に示している」と語った。

さらに、日本が巨額の財政赤字を抱えながらも長期金利が安定し ている要因として、国債発行のほとんどが国内居住者による需要によ って賄われていることが指摘されているとした上で、「今後の高齢化 などの財政負担を考えれば、先行きもそれを賄うだけの貯蓄超過を国 内だけで確保し続けていくことができるか不確実性がある」と述べた。

1日の衆院財務金融委員会で、菅直人副総理兼財務相が消費者物 価指数について「今年いっぱいくらいには何とかプラスに移行しても らいたい」と言明。日銀に対し「より努力をお願いしたい」と要請。 亀井静香金融・郵政担当相が日銀は「直接国債を引き受けて財源を作 るということをやったら良い」と述べるなど、16、17日の金融政策決 定会合を前に日銀に対する要請が相次いでいる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE