加RBCの11-1月期:前年同期比35%増益、資本市場回復で

資産規模でカナダ最大の銀行、 ロイヤル・バンク・オブ・カナダ(RBC)の2009年11月-10 年1月(第1四半期)決算は、前年同期比35%増益となった。投資 銀行部門の利益が2倍余りに膨らんだほか、不良債権向け引当金の減 少が寄与した。

3日の発表によれば、純利益は15億カナダ・ドル(1300億 円、1株当たり1カナダ・ドル)と、前年同期の11億1000万カ ナダ・ドル(同78セント)から増えた。第1四半期の利益は同社設 立以来2番目の高水準となった。

投資銀行部門の利益は2億2500万カナダ・ドルから5億 7100万カナダ・ドルに増加。不良債権向け引当金は4億9300万 カナダ・ドルと、前年同期から37%減少した。総収入は前年同期比

3.8%増の73億3000万カナダ・ドル。

RBCによれば、一部項目を含めた1株当たり利益は1.03カ ナダ・ドル。ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト12人 の予想平均は1.04カナダ・ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE