ベネズエラ:米企業20社以上に1兆円超える支払い義務-商工会議所

米・ベネズエラ商工会議所のヘンリ ケ・ブローム会頭によると、ベネズエラは同会議所に所属する企業20 社以上に対し、120億ドル(約1兆600億円)を支払う義務を負って いる。ベネズエラ政府は過去3年間にこれらの企業の資産を接収した。

同会頭によると、国営ベネズエラ石油(PDVSA)に油田サー ビスを提供した9社を含む28社の資産が国有化されている。国有化さ れた企業のうち22社は、ベネズエラ政府への補償請求に関して回答を 得ていない。補償を受けたのは4社で、2社は補償の一部を受け取っ ている。

同会頭はインタビューで「会員企業の一部に対するPDVSAの 債務返済は非常に滞っている」と指摘した。

ベネズエラのチャベス大統領は、「21世紀の社会主義」の創造に 向け経済における政府の役割を拡大しており、石油やセメント、金属、 電力業界の一部を国有化した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE