NY金:上昇、6週間ぶり高値-財政懸念で通貨に代わる投資需要

ニューヨーク金先物相場は上昇。 ギリシャなどの財政赤字をめぐる懸念の高まりを背景に、通貨に代わ り金への投資需要が増すとの見方から、6週間ぶり高値まで買いが進 んだ。

ギリシャのパパンドレウ首相は、赤字削減に向けた48億ユーロ (約5800億円)規模の追加措置を表明した。欧州連合(EU)加盟 各国や投資家に対し、域内最悪の赤字の削減が可能であることをアピ ールする。2日にはユーロ建て金相場は過去最高に達した。

ラサール・フューチャーズ・グループ(シカゴ)のトレーダー、 マット・ジーマン氏は「法定不換紙幣に対する信頼がなくなり、投資 家は金を投資先として選択するようになりつつある」と指摘。「これ らの国々は相変わらず実現できそうにないことを約束している」と語 った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 4月限は前日比5.90ドル(0.5%)高の1オンス=1143.30ドルで 取引を終了した。一時は1145.80ドルと、中心限月としては1月15 日以来の高値を付ける場面もあった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE