NY外為:ユーロ上昇、ギリシャの赤字削減策を好感

ニューヨーク外国為替市場では ユーロがドルに対して2週間ぶりの高値に上昇。ギリシャが財政赤 字削減に向けた追加措置を発表。これを受けて市場参加者の間では、 ギリシャが欧州連合(EU)内で最悪の赤字を縮小できるとの観測 が広がった。

ドルは1通貨を除く主要通貨すべてに対して値下がりした。商 品相場の上昇が背景。ユーロは対円で続伸。ユーロ圏財務相会合(ユ ーログループ)のユンケル議長はギリシャの追加措置に歓迎の意を 表明した。

野村ホールディングスの為替調査マネジングディレクターの ジェンズ・ノードビグ氏は「ギリシャ関連では明るいニュースが続 いている」と語り、「市場参加者は明らかにユーロを相当売り持ち にしていたが、逆をつかれ、買い戻しを強いられた」と語った。

ニューヨーク時間午後4時27分現在、ユーロは対ドルで

0.6%上昇して1ユーロ=1.3702ドル。前日は1.3615ドルだっ た。この日、対円では1ユーロ=121円10銭(前日は120円96 銭)。ドルは対円で0.5%下げて、昨年12月以来安値の1ドル= 88円42銭。前日は88円85銭だった。

カナダ・ドル

米ドルはカナダ・ドルに対して0.4%安。原油相場が上昇し、 金は1月15日以来の高値をつけたことが背景。

ウエストパック銀行のシニア通貨ストラテジスト、リチャー ド・フラヌロビッチ氏(ニューヨーク在勤)は「カナダ・ドルは非 常に順調に取引されており、株式市場も手堅い。金相場も高値を記 録している」と述べ、「こうした材料を背景に米ドルへの売り圧力 が高まっている」と語った。

ユンケル議長は「財政不均衡の是正に向けたギリシャの意欲的 なプログラムは、現在、確実に進行している」との声明を発表した。

ギリシャの追加措置には、燃料やたばこ、売上税の税率引き上 げのほか、公務員が受け取る3回の追加給与支払いを30%減額す ることも含まれている。公務員の賃金はすでに据え置かれており、 福利厚生も削減されている。労働組合は今回の追加措置に対して新 たなストライキを呼び掛けた。

ユーロが下落

ユーロは年初から対ドルで4.3%下落。ギリシャの財政赤字問 題がユーロ圏内の景気回復を損ねるとの懸念が背景にある。

バークレイズの外国為替戦略グローバル責任者、デービッド・ ウー氏(ロンドン在勤)は「ユーロ相場はすでに多くの悪材料を織 り込んでいた」と指摘し、「正しい方向に向かっている。EUによ る救済の可能性がより現実味を帯びてきたためだ。危機が和らぐ可 能性があるので短期的には明るい材料だ」と述べた。

商品先物取引委員会(CFTC)がまとめたヘッジファンドな どの大口投機の建て玉データによると、ユーロの売り越しは2月 23 日に7万1623枚に増加した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE