ユーロ、ギリシャの追加策好感した上昇維持できない公算も-ロイズ

英銀ロイズ・バンキング・グルー プは、ギリシャの赤字削減に向けた追加策発表をきっかけにユーロが 上昇したことについて、ユーロ売りの好機と捉えられると、持続的に 上昇しない可能性もあると指摘した。

シニア市場エコノミスト、ケネス・ブルックス氏(ロンドン在勤) は3日のインタビューで、「市場ではユーロが一段高になるという強い 確信がないにもかかわらず、ユーロ買いが若干入っている」と指摘。 ユーロ上昇で「ある程度の利益確定の売りも出た。そのため、持続的 に上昇するかは明らかではない」と分析した。

ユーロはドルに対し一時、前日比0.4%高となった。ギリシャが 赤字削減に向けた48億ユーロ規模の追加措置を表明したことがきっ かけ。その後、ユーロは上げ幅を若干縮小し、ロンドン時間午後3時 6分現在は0.2%高の1ユーロ=1.3636ドルで取引されている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE