ソロス氏:消費者保護庁の創設は「急務」、他の改革は時間かけてよい

資産家のジョージ・ソロス氏は米国 には消費者保護庁の創設が「急務」だと述べ、金融システムに関する他 の改革は実現までにもっと時間がかかってもかまわないとの認識を示し た。

ソロス氏は3日、ニューヨークのルーズベルト・インスティチュー トでの会合で講演した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 西前明子 Akiko Nishimae +1-212-617-2601 anishimae3@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE